特集スカビオサ 別冊 SCABIOSA2005

この頁は2003年UPの特集スカビオサを補遺し、2005年のわが家のスカビオサの様子を紹介するものです。まずはじめに 特集スカビオサ の頁からご覧いただいた方が良いかと思います。

アトロパープレア種の耐寒性
オクロレウカ種やコーカシカ種は耐寒性も十分で宿根草として扱われるのに対して、アトロパープレア種の多くは一年草として扱われていますが、本来は宿根草のようです。
夏の暑さを乗り切って秋に根元からでた新しい葉だけを残し切りつめると本州以南の土地であれば越冬可能と思われます。(北海道でも道南では越冬に成功しているという話を聞きます)。今年は種まきして沢山の株ができた。エースオブスペードやサマーサンデーの他のも新たに買い込んだものも多く、一部の株を除いて冬を前に処分することになります。根出葉も旺盛に出ていて処分するのに忍びない株も多数、今年もこれらの株をもらって頂ける方を探しています。詳しくは「宿根草もらって」頁をご覧下さい。
対象株は左のサムネイル画像の横に#印をつけておきまし
た。
室内に取り込んだスカビオサ
多数ある株の中から気に入った株を選んで昨年から室内越冬を試しています。下葉が枯れて見苦しくなってしまいますが新しい葉もどんどん伸びてすべての株が越冬に成功しました。
今年も、花姿の良かったものや再び手に入れにくいものを選び室内に取り入れました。
取り込んだ株
チリソースの2代目2株、エースオブスペード、サマーサンデー(深赤)、クイズ・ダークレッド、ブラックナイト、バンガーデーボンネット


2005年
今季も目当ての「チリソース」が手に入らなかった。
2年前の種から3株育ったが2つは親とは似てもにつかない凡花。
昨年発芽したもの2つと比べても大分落ちる。1株は親とそっくりの良い色だが一寸形に難があるものの希少価値もあり室内に取り込み、採種もしてみようと思う。

「チリブラック」は手に入らない場合に備えて室内越冬させた株で
何とか花が確保できた。

種まきは「エースオブスペード」と「サマーサンデー(MIX)」が上手く行き
沢山の苗ができ娘の庭に回したりすることもできた。

今年新たに手に入れた品種はアトロパープレア種では「バンガーディボンネット
ブラックナイト」、「クイズ・ダークレッド」、コロンバリアの「ピンクレース」、種が
不明(アトロパープレアと思われる)で「チョコスカビオサ」というもの。
結果、「クイズダークレッド」はチリソースがない今年では一番。
ブラックナイト」はまずまずとしても他はいささか期待はずれ。
「ピンクレース」は寄せ植えにいれたせいもあってかほとんど目立たず花は初夏で終わってしまった。
エースオブスペード」は2年前に手に入れたものがあるが、名前が持つ
イメージでもっと黒っぽいものを期待したが意外に明るい赤で不満だったが、今年種から育てた方は、名前に違わぬ黒っぽい花で一気に評価が上がった。以前のものはもしかして別品種?

MIXの「サマーサンデー」は深赤、ピンク、白の3色が出たが深赤は「クイズダークレッド」と非常に似てラベルを見ないと区別が付かない。

咲いてみないと何ともいえないアトロパープレア種に比べ、耐寒性宿根草のコーカシカ種は2年目、3年目なので安心してその美しさを堪能できたが、秋までには花が終わってしまうのが残念。

同じく耐寒性の強いオクロレウカ種は原種の1つで地味だが株のまとまりがなく
庭では目立たなかった。


フレーム左のサムネール画像をクリックすると、こちらのフレームに拡大した画像が表示されます。


inserted by FC2 system